賃貸の審査ではどんなところを見られるのか?

賃貸の審査ではどんなところを見られるのか?

賃貸の審査についてですが、賃貸の審査ではどんなところを見られるのでしょうか?人柄・年収・その人の雇用形態、正社員かアルバイトか毎月の給料が定期的にあるのか・年収・保証人などです。大家さんにとって毎月滞りなく家賃を払ってくれるかどうかが一番の重要なポイントです。

支払能力をまず見ます。正社員が一番に確実なのですが、だからといってアルバイトのフリーターであってその審査がだめとは一概にはいえません。しっかりとした保証人があり、滞りなく支払いができる事を全面にだせば、大丈夫な事もあります。その人柄でとおることもあるので、そのアピールも忘れずにしておくと良いでしょう。その人柄ですが、問題を起こさないような人柄であることが大事です。態度が粗暴であったり、書類に不備や嘘があったりするのは確実にその審査が通ることはありません。

逆にその人柄が良く評価が高い場合アルバイトのフリーターの人でも不動産屋から大家さんへ勧めるといったこともあります。職業などで審査が通らないといったことがありますが、それは大家にもよります。逆に中には水商売の人でも入って欲しいといった大家さんもいるのですが、一般的に水商売の人などはマイナスのイメージ主にトラブルを起こしやすいといったことや安定した収入が得られないといったイメージがありますので審査が通りづらいです。

収入が多くても、何をやっているかわからないような所謂怪しい職業の人、収入が高すぎる人も、怪しいといった事で審査が通らず断られる事もあります。

 

保証人は誰にしたらいい?

 

one

賃貸の審査にはかなり重要なのが連帯保証人です。その保証人は誰にしたらよいかということですが、契約を結んだ人の親が保証人となることが一番良いのですが、それがもし難しい場合は、兄弟、親族となります。その次には上司、同僚、友人、知人といった順番で審査に通る可能性が低くなってきています。

何故保証人が必要になるのかというと、まず、オーナーとの契約はきちんと毎月の家賃を払ってくれるといった事が前提での契約になっているはずです。ですが、入居者本人が毎月家賃を納めてくれるのならばいいのですが、もしその家賃が滞ってしまったり、また、何等かのトラブルや事故によって、本人による支払が困難になった場合には、その契約者の代わりに家賃を肩代わりしてその家賃を払ってもらう為の保証人なのです。ですので、両親や兄弟、親族といった人がなるのが一番です。

上司や同僚は親族、血族とは言えないのでその家賃をきちんと払ってくれるかどうかわかりませんので、遠縁でも親族を保証人とするのが一番無難でしょう。

中には保証人がいないといった事情の方もいらっしゃいますが、そういった物件もありますので、そういう人は不動産会社へ相談するといいでしょう。

最近ではこういった連帯保証人がいなくても大丈夫といった契約の物件も多いです。保証人がいないという場合はオーナー側にもそれなりのリスクを承知での契約となりますので、最初のかなりの金額を払い込むといった事もあります。

2014年5月17日